排卵検査薬 日本製

排卵検査薬は日本製がおすすめ?

少し前までは、不妊治療と言えば産婦人科に通院するのが当たり前でしたが、今では余程重度でもない限り、排卵検査薬を使えば夫婦だけで不妊治療を行える時代となりました。

確かに、排卵検査薬で妊娠しやすい性交渉のタイミングを予測することができる関係上、後はお互いの性機能に問題が無ければ良いだけですからね。

ちなみに、排卵検査薬は、世界各国で販売されています。

そのため、インターネットが発達した現代では、どの国の排卵検査薬も基本購入することができます。もちろん、海外製だと個人輸入という形となるため、不良品が届いた場合は自己責任となってしまいますが。

では、排卵検査薬は日本製と海外製、どちらが良いのでしょうか?

日本製の排卵検査薬なら、品質が保証されているイメージが強いですから、そちらを選びたいとも思えるものの、コストパフォーマンスを重視するとなると、海外製の方が断然良いみたいです。

なんでも、日本製だとどんなに安くても1回分につき400円以上する一方、海外製だと100円もしない位の違いがあります。それだけ、日本製は、高いという事になるのか、それとも、海外製が安いという事になるのか。

世界的に見ても、やはり日本製の排卵検査薬は高額だそうです。
にしても、同じ排卵検査薬なのに、ここまで値段に開きがあるのも驚きです。

もちろん、海外製のものも、ちゃんとした個人輸入代行サイトで購入すれば、基本品質は保証されます。そのため、あまりコストをかけたくない場合は、日本製よりも海外製の排卵検査薬が推奨されるとのことでした。